トップページ > 家の実例を見る > ジーエルホーム > やさしさの提案

家の実例を見る

やさしさの提案

やさしさの提案

街並みにやさしく溶け込むライトベージュの外観。
室内をより広く感じさせる空間演出。
家族のきずなを大事にした間取り。
街と人にやさしい注文住宅です。

敷地の形状を活かす

戸建て住宅といえば“四角い敷地で南側に庭”というイメージが一般的ですが、実際の敷地形状は様々です。
この住まいの敷地も、南側と西側がカーブを描き、南西側にくちばしを出したような、独特の形状でした。
実は、このように普通とちょっと違う条件が、住まいを個性豊かにする大事なヒントになるのです。
そこで今回は敷地の形状を活かし、「くちばし」の部分は駐車スペースと家庭菜園に、南側はウッドデッキと庭にしました。
敷地周辺は田園が広がっているだけに、家庭菜園をつくることで、この場所らしい佇まいを得ることができました。

リビングとつながるウッドデッキ

この住まいの建つ松本といえば、東側にのぞむ美ヶ原の絶景が有名です。
ところが、この住まいの東側には隣家が立ち並び、眺望は期待できませんでした。
そこで、少しでも自然の雰囲気を味わえるように、リビングの南側にウッドデッキを設け、室内と外部のつながりをもたせました。
これだけでも室内がずっとのびやかに見えますし、ささやかな自然が心を豊かにしてくれます。

子どもの成長に合わせて住まいも成長します

この住まいの1階はLDKと水回り、2階は主寝室と子ども部屋になっています。
建設当時、お子さまが小さかったこともあり、玄関からリビングを通って階段を上がるまで、キッチンから見届けられるようにしました。
2階の子ども部屋は、中央に2段ベッドを置き、共同の部屋として使っています。
お子さまが成長したら二部屋に分割することも可能。
家族の成長とともに住まいも変えられるのが、自由設計の醍醐味です。

玄関脇に土間収納とクローゼット

初めて訪れる家の第一印象は玄関で決まりがち。
家の中がどれだけきれいでも、玄関回りが雑多ではポイントが低くなってしまいます。
そこでこの住まいでは、玄関回りがすっきり、実用的であることを目指しました。
まず玄関に入ると、玄関土間からそのまま入れる、広さ1畳弱の土間収納。
幅70センチの可動棚が12段あるので、靴の数が多い方でも安心ですし、長靴や傘などの雨具もしまうことができます。

そして玄関ホールに上がると、広さ70センチ四方のクローゼット。
来客用の上着かけとして使うも良し、冬場のコートをかけるも良し。
住まい手のセンスで使い方は自由自在です。
玄関ひとつとっても、ここまで気を配れてこそ、真の注文住宅といえるのです。

家の実例一覧へ戻る

ページトップ

お問い合わせ

TEL.0263-24-1077

経験豊かなインテリアコーディネーターがお客様の 生活スタイルに合った快適な家づくりのお手伝いを致します。 休:毎月第3水曜日
営業時間は9:00~17:30
※時間外も対応可能なのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ