トップページ > 家の実例を見る > UNITE HOUSE > シンプルに、白を基調とした都会的な雰囲気のある家

家の実例を見る

シンプルに、白を基調とした都会的な雰囲気のある家

シンプルかつ豊かな住まい

どんな場所でもなじむ、すっきりコンパクトな外観。
外からはうかがいしれない、広々としたインテリア。
家族の成長に合わせて変えられる間取り。
シンプルかつ豊かな、新しい注文住宅の提案です。

こんなに広い? ゆとりのある間取り

これはUNITE HOUSE(ユニテハウス)のモデルハウスです。
UNITEHOUSEはツーバイフォー工法で、床・壁・天井が一体成型のモノコック構造なので広々とした室内空間をつくれるのです。
その利点を活かして、このモデルハウスでは1階に、十分な広さのLDKと水回りに加えて、5畳半の洋間をつくることができました。
来客時に泊まることもできる客間を想定していますが、アイデア次第で何にでも使えます。
LDKを確保しながら、これだけのゆとり。
木造住宅の可能性が、またひとつ広がりました。

配膳用カウンターが便利です

昨今の注文住宅は対面式キッチンが多いのですが、シンクやコンロなど、調理以外で使えないものが室内にあると、場合によっては空間が狭くなるケースがあることも事実。
そこで今回は、シンクとコンロを壁付けにして、別個に配膳用のカウンターを設けました。

配膳台としてだけでなく、家族がバラバラに朝食をとる場合はテーブル代わりにも使えます。
しかも天板の下が収納になっているから、キッチンの上はいつもきれい。
キッチンに多少の物が置かれても、カウンターがほどよい目隠しになってくれます。
住まい手目線で家づくりを続けてきたから生まれたアイデアといえます。

使い勝手に気を配った階段

階段の位置と形式は、住まいにとって重要なポイントです。
ここでは、あえて面積の必要なかね折れ階段を選択し、キッチンの脇に配置しました。
これなら帰宅時にキッチンと目が合いますし、ちょうどよい大きさの吹き抜けで上下階の気配も伝わります。
そして階段下には収納もあります。掃除用具など細々したものをしまう際に威力を発揮してくれるでしょう。

自由自在な間取り

この住まいの2階は、約8畳半のホールを中央に据え、西側に約9畳の主寝室、東側に10畳の子ども部屋を配置しています。
主寝室には、身なりを整える際に便利なパウダーコーナーを設置。
男女を問わず使えるので、もしかしたら書斎より実用的かもしれません。
子ども部屋は二人用で、間仕切りで分割することも可能。
これは先述の通り室内に構造上の柱や壁が不要で、間仕切りの位置を自由に決められるためで、その気になれば、2階全体をワンルームにすることだってできます。
往々にして住宅は、物理的な寿命より先に、家族構成の変化について行けず建て替えられてしまうもの。
住宅が少しでも長く愛されるための大事なヒントが、このUNITE HOUSEにはあるのです。

家の実例一覧へ戻る

ページトップ

お問い合わせ

TEL.0263-24-1077

経験豊かなインテリアコーディネーターがお客様の 生活スタイルに合った快適な家づくりのお手伝いを致します。 休:毎月第3水曜日
営業時間は9:00~17:30
※時間外も対応可能なのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ