トップページ > 家の実例を見る > ジーエルホーム > ジーエルホーム 事例1

家の実例を見る

ジーエルホーム 事例1

まちと家族にやさしい家

安曇野の田園風景に溶け込むベージュの塗り壁と洋風瓦の屋根。
ゆるやかなアーチがやさしく出迎えてくれる玄関ポーチ。
暖かみのある色合いとデザインが、家族だけでなく道行く人の気持ちまで明るくします。
その一方で、家族の居場所をきちんと考えた家でもあります。

家事を効率的にする回遊式プラン

キッチンに居ることの多い奥様がいかに効率よく家事をこなせるか――これが計画の出発点でした。
そして試行錯誤の末に生まれたのが、階段を中心にした回遊式プランです。
廻り階段をぐるっと廊下が囲み、[玄関>洗面脱衣>キッチン>ダイニング]という経路の裏動線と、[玄関>リビング>ダイニング]という経路の表動線が一つの輪に収まっているので、キッチンからどの部屋へも簡単にアプローチできます。

家中を見渡せる対面式キッチン

1階の東側にあるキッチンは、ダイニング側を向きながら調理も洗い物もできる完全な対面式。
キッチンに立てばリビング・ダイニングはもちろん、来客がくつろぐタタミスペースや帰宅したお子さんが2階に上る姿も視野に収めながら家事ができます。
つまり、キッチンがこの家の司令塔なのです。
そしてキッチン脇には、奥様こだわりのパソコンスペースが。
家計簿をつけたり、料理のレシピを調べたり、時にはお子さんがパソコンを使うのを視界の隅に入れつつ料理することもできます。
ただ一番大事なのは、人が集う1階に一人の時間を過ごせる場所があるということ。
家事の合間、ふと気分転換するひと時は、何ものにも代えられません。

魅力的な眺望を独り占めできる場所

一人の時間を過ごす場所は2階にも。
主寝室とつながったウォークインクローゼットの西側にある書斎コーナーです。
このコーナーに面した壁に開けられた丸窓からは、穂高連峰をはじめとする北アルプスの山々を一望できます。しかも目の前は水田が広がっているため、視界を遮るものがありません。
素晴らしい眺めを独り占めできるとは、何と贅沢なのでしょう。
これほど敷地の特徴を生かせるのは、まさに注文住宅ならではの強みです。

空間をやわらかくつなぐアールのデザイン

玄関ポーチや外壁に使われているアール(弧を描く曲線)のデザインは室内でも重要な役割を果たしています。
1階ではキッチンとダイニングの間、2階では主寝室と書斎コーナーの間の下がり壁にアールを採用して、空間を仕切りつつ、やわらかく相互をつないでいます。
また、壁と壁がぶつかる角もできるだけアールにすることで、空間の雰囲気をやわらげています。
出入り口の上部にアールを取り入れる“アーチ”の手法は、洋の東西を問わず昔から人を優しく迎え入れる場所に使われてきました。壁の角をアールにする手法も同様です。
人の歴史と共に歩んできた暮らしを快適にする知恵が、この住宅にも確実に受け継がれているのです。

家の実例一覧へ戻る

ページトップ

お問い合わせ

TEL.0263-24-1077

経験豊かなインテリアコーディネーターがお客様の 生活スタイルに合った快適な家づくりのお手伝いを致します。 休:毎月第3水曜日
営業時間は9:00~17:30
※時間外も対応可能なのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ