トップページ > コラム > 一戸建てとマンションはどちらがいいの?!

コラム

一戸建てとマンションはどちらがいいの?!

住宅購入で迷うポイントのひとつが、一戸建てとマンションのどちらを選ぶかという点です。それぞれのメリットとデメリットを把握し、ご自分の家族に合った形を選択しましょう。

■一戸建てのメリット・デメリット

一戸建ては建物が独立しているので、生活音が響いて困るということはあまりありません。特に近年の建築ではペアガラスやトリプルガラスが一般的になってきているので、建物が離れていれば音が響きにくくなります。小さなお子さんがいる家庭では、ご近所に気を使わなくて良いという点は大きいのではないでしょうか。

SONY DSC

独立した建物では冷暖房の光熱費がかさみがちですが、この点もエアコンなどの冷暖房設備の性能の向上でカバーされつつあります。一戸建てにするなら、気密性、断熱性に優れた建物を選びましょう。

メリット デメリット
●管理費や修繕積立金、駐車場代が不要
●土地があるので資産価値がある
●騒音によるご近所トラブルが少ない
●プライバシーが保ちやすい
●増築や建て替えが自由
●一般的にマンションより高額
●定期的に自分でメンテナンスが必要
●庭の手入れが必要
●光熱費がかさみがち

土地と建物は一般的にマンションより高額ですが、毎月定期的にかかる費用は少ないので、支払い総額で考えるとあまり違いがありません。さらに一戸建ての場合、土地が資産として残るので子どもさんに残す資産形成という面でも有利です。

ただし、屋根や外壁、バルコニーの防水などの定期的なメンテナンスを怠ると建物の寿命が縮まります。近隣に迷惑をかけないように庭の手入れも必要です。

■マンションのメリット・デメリット

マンションは共同住宅なので、騒音によるご近所トラブルの例が多く報告されています。ご自分の家族が騒音の被害にあう可能性もあるので、建物の仕様やご近所の方の年齢層などをチェックしておきましょう。

一般的に一戸建てよりも割安ですが、定期的に支払う金額も多いので、毎月の支払額をきちんと把握しておく必要があります。修繕積立金は、築年数が経過すると増額されるケースが多いので注意してください。

メリット デメリット
●一般的に一戸建てより割安
●断熱性や日照面で優れていることが多い
●メンテナンスが一戸建てよりも楽
●管理費や修繕積立金、駐車場代がかかる
●資産価値が維持しにくい
●騒音によるご近所トラブルが発生しやすい

マンションは一般的に断熱性に優れており、上層階であれば日当たりもよくなります。管理組合の修繕計画がきちんとしていれば、共有部分に関するメンテナンスの心配もありません。

ただし、マンションの土地は個人の自由にはならないため、建物が古くなると資産価値が維持しにくいというデメリットもあります。

■まとめ

共同住宅であるマンションと、建物が独立した一戸建て。それぞれに異なるメリットとデメリットがあります。住宅ローンと管理費、修繕積立金などを合わせた支払総額は、それほど差がないといわれていますが、資産価値という点では土地のある一戸建てが有利だといえるでしょう。

庭のお手入れは面倒でもありますが、季節の花などを植えると楽しいものです。ご自分にとって価値のある住宅となるよう、しっかりと比較して選びましょう。

SUUMO を見る トップページへ戻る

ページトップ

お問い合わせ

TEL.0263-24-1077

経験豊かなインテリアコーディネーターがお客様の 生活スタイルに合った快適な家づくりのお手伝いを致します。 休:毎月第3水曜日
営業時間は9:00~17:30
※時間外も対応可能なのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ