トップページ > コラム > 地震に強い家にするにはどうしたらいいの?

コラム

地震に強い家にするにはどうしたらいいの?

「地震大国」と呼ばれることもある日本。住宅を取得するなら、地震に強い家にすることが絶対条件です。それでは、どうすれば地震に強い家になるのでしょうか?ご紹介していきます。

■耐震性の基準

日本の住宅には、構造の基準が「建築基準法」という法律で定められています。その中でも耐震基準は、大きな地震災害が発生するたびに見直されてきました。もっとも大きな改正点は1981年の「壁量強化」で、これ以前の建物を「旧耐震基準」、これ以降の建物を「新耐震基準」と呼びます。

img_03

さらに2000年には、耐力壁(筋交いが入った強度のある壁)の配置バランスと筋交い(柱を斜めにつなぎ強度を確保する構造)に対する補強金物などの基準も盛り込まれました。このため現在建築されている住宅は、基本的にどれも地震に強い構造を備えています。

■地震に対応する仕組み

建物が地震に耐えるための仕組みは、大きくわけて「耐震」「制震」「免震」の3つです。

「耐震」は建物の構造を強固にして、地震で壊れないようにする構造。もっとも一般的な仕組みで、多くの住宅に採用されています。

「制震」は建物の内部に、可動部分を盛り込んだ制震装置を設け、建物の振動を装置の動きで吸収して揺れを軽減する仕組みです。
「免震」は基礎と建物の接続部分に免震装置を入れ、地盤と建物を切り離す仕組みです。揺れ自体が建物にあまり伝わりません。

制震や免震は優れた考え方ですが、費用がかかるためあまり普及していません。費用に余裕がある場合は別ですが、構造を工夫し、揺れに強い家を作ることを考えていきましょう。

■地震に強い家の条件

地震に強い家にするためには、「地盤」「基礎」「構造」という3つのポイントがあります。家が建つ地面が弱ければ、建物が地震に耐えられません。まず地盤調査を行い、必要に応じて必ず補強工事を行いましょう。地盤の状態に応じ、それに合った基礎を作ります。それらが揃ってはじめて、住宅の構造が真価を発揮します。

地震に強くするには、建物の形をシンプルにすることが大切。凹凸が多い建物は揺れの力が分散されにくく、一点に集中して倒壊しやすくなります。同じ理由で、1階と2階のバランスも大切です。耐力壁や柱の位置はできるだけ上下階で揃えましょう。

床の力も建物のねじれに対抗するうえで重要です。「構造用合板」という厚みのある板や根太(床板を支える梁)がしっかりと入っていると、構造が強固になります。

■まとめ

ハウジングカフェで提供している住宅は、耐震性の高いツーバイフォー工法やツーバイシックス工法が主力です。床と壁、屋根が一体となったモノコック構造によって、地震の揺れを建物全体で受け止めて、力を分散。地震がおきた後に家財の倒壊等の被害が少ないのはもちろん、家の手直しの必要も少なくなります。もちろん木造軸組後方の建物も、耐震性を高めております。

もちろん、地震に強く暮らしやすい間取りのご相談もおまかせください。安心して暮らせる住まいづくりを、私たちがお手伝いいたします。

SUUMO を見る トップページへ戻る

ページトップ

お問い合わせ

TEL.0263-24-1077

経験豊かなインテリアコーディネーターがお客様の 生活スタイルに合った快適な家づくりのお手伝いを致します。 休:毎月第3水曜日
営業時間は9:00~17:30
※時間外も対応可能なのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ