トップページ > コラム > 家を建てるのにいくらかかるの?

コラム

家を建てるのにいくらかかるの?

住宅購入は人生最大の買い物ともいわれます。家が欲しいけれど費用の目安がわからず、迷っておられる方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、ここでは平均してどの程度の費用がかかるのかをご紹介していきます。

■長野県の注文住宅の相場

住宅購入にかかる費用は土地の有無や仕様、間取り、設備などによって異なり、エリアによっても違ってきます。長野県における注文住宅の相場は、どの程度なのでしょうか。

住宅金融支援機構の「2014年度フラット35利用者調査」によると、長野県における注文住宅の平均床面積は134.1平米。全国平均の130.8平米を上回り、全国で15位となっています。

img_06

同じ調査で注文住宅一戸当たりの建設費相場を見ると、長野県は3,174万円。こちらも全国平均3,109万円を上回る結果となりました。この建設費相場は、本体工事費と付帯工事費の合計額です。長野県は1年を通しての気温の変化が激しく、基礎工事や屋外急排水設備工事など、寒冷地仕様にする必要性があるために、全国平均よりも高めになることが多くなります。

■家本体にかかる費用

住宅本体の建築費用は、よく「坪単価」という単位で表されます。坪単価は建物の本体代金を、床面積の坪数で割った金額。「ローコスト住宅」といわれるものは坪20万円台から建築が可能なものもあり、一般的なハウスメーカーでは坪60万円程度になることが多いのが実情です。

長野県における平均床面積は約40.6坪に相当するので、延床面積40坪で坪単価60万円の住宅を建てると仮定すると、建物本体にかかる費用は2,400万円程度。もちろん、これよりも高くなる場合も低くなる場合もあります。オプションによって設備や建材のグレードを変更すると、費用がプラスされていきます。

■本体以外にかかる費用

建替えの場合は、古い家の解体工事費がかかります。既存建物の大きさや工法、外構工事の状況にもよって差異はありますが、長野県では一般的な木造住宅の場合、110万円程度を見込んでおけば良いでしょう。このほかに、次のような費用がかかります。

屋外給排水工事(敷地内に新たに引き込む場合) 約100万円
外構工事 150万円程度(カーポート等)
確認申請 約10万円
印紙税 約1万円
住宅ローン取扱手数料 約10万円
登記関係 約30万円
火災保険【+地震保険】 25~50万円程度(10年分)
引っ越し費用 20万円程度
インテリア(家具、家電など) 100万円程度

建替えの場合などの仮住まいが必要な場合は引越しが2回必要になり、賃貸の家賃も必要です。また、地盤調査の結果、地盤補強工事で100万円以上かかるケースも。外構やインテリアの費用は内容によって上下するので、慎重に決めましょう。

これらを総合すると、本体工事費は住宅取得費全体のおおむね7割程度になるといわれています。付帯工事費は2割程度。諸費用に1割程度かかるので、それを見込んで資金計画を立てましょう。

■まとめ

建物本体の費用はもちろん、付帯工事費や諸費用もお客様お一人お一人によって違ってきます。ハウジングカフェでは個別の状況に合わせた資金計画のご相談にも対応しておりますので、ご相談くださいませ。

SUUMO を見る トップページへ戻る

ページトップ

お問い合わせ

TEL.0263-24-1077

経験豊かなインテリアコーディネーターがお客様の 生活スタイルに合った快適な家づくりのお手伝いを致します。 休:毎月第3水曜日
営業時間は9:00~17:30
※時間外も対応可能なのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ