トップページ > コラム > 注文住宅と建て売り住宅はどちらがいいの?!

コラム

注文住宅と建て売り住宅はどちらがいいの?!

これから家を買おうとしている方は、注文住宅と建て売り住宅で悩むことも多いはず。自分に合った家を選んでいただくために、ここではそれぞれのメリットとデメリットをご紹介していきます。

■注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅とは、土地と建物を別々に購入するものです。一般的には、間取りや仕様といった設計の内容を構造・工法での制約はありますが、自由に決められるものを注文住宅と呼びます。注文住宅のメリットとデメリットは、主に次のようなものです。

メリット デメリット
●自由度が高い
●予算が調整できる
●建築中の建物が見られる
●打ち合わせに時間がかかる
●ある程度勉強が必要
●こだわりが強いとコストがかかる
●つなぎ融資が必要になることも

自由度はハウスメーカーによって異なりますが、間取りや設備などを調整することで、予算に合わせた設計にすることも可能です。施主として建築中の様子を確認できるので、手抜き工事などの心配もあまりありません。

img_02

畳の縁の模様などの細かな部分まで自分で決めるため、打ち合わせには時間がかかります。理想通りの家にするには、自分でもある程度建築やインテリアなどについて勉強しなければなりません。すべての部分にこだわるとコストが跳ね上がってしまうので、実現したい内容の優先順位やメリハリを意識しましょう。

土地と建物を別に購入した場合は「つなぎ融資」が必要になることも。当社のように土地探しから依頼できるハウスメーカーに依頼すれば、土地の決済のタイミングと、建物の着工のタイミングを調節することで、少なく抑えることも可能です。

■こんな人には注文住宅がおすすめ!

  • ●手間や時間がかかっても、理想通りの家にしたい
  • ●手抜き工事が心配
  • ●使いやすい家にしたい
  • ●個性的で自分らしい家にしたい
  • ●世界でひとつのオンリーワンの家に住みたい

■建て売り住宅のメリット・デメリット

建て売り住宅は、土地と建物のセット販売です。建築予定や建築中の段階で売りに出るものもありますが、すでに工事が終わっており、すぐに入居できるものもあります。建て売り住宅の主なメリットとデメリットは次のようなものです。

メリット デメリット
●建築済みの物件ならすぐに住める
●実際の建物を見て決められる
●比較的安い
●自由度が低い
●間取りや仕様が無難で個性がない
●仕様が一般的に注文住宅より低い

建て売り住宅は土地をまとめて仕入れ、何棟かまとめて建築します。仕入れや人件費の効率がよくなるので、一般的に注文住宅より割安。建築後なら実物をみて決めることができるので、出来上がってからイメージと違う恐れはありませんし、すぐに住めるので手軽です。

ただ、万人受けするよう無難な間取りや仕様、インテリアが採用されています。建築費を抑えるため、仕様は一般的に注文住宅よりも低めです。

■こんな人には建て売り住宅がおすすめ

  • ●時間をかけたくない
  • ●なるべく安くすませたい
  • ●こだわりはあまり強くない
  • ●新生活を始める時期が決まっている

■まとめ

注文住宅と建て売り住宅には、それぞれに異なるメリットとデメリットがあります。家に対する価値観は人それぞれですが、家族が住みやすい理想の家を手に入れたいなら、注文住宅を検討されてはいかがでしょうか。

ハウジングカフェでは建物も含めてご契約いただいた方に対し、土地購入の仲介手数料サービスを行っております。土地探しがまとめて依頼できれば、注文住宅のネックとなる打ち合わせの負担も減るので、まずはお気軽にお問い合わせください。

SUUMO を見る トップページへ戻る

ページトップ

お問い合わせ

TEL.0263-24-1077

経験豊かなインテリアコーディネーターがお客様の 生活スタイルに合った快適な家づくりのお手伝いを致します。 休:毎月第3水曜日
営業時間は9:00~17:30
※時間外も対応可能なのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ